家庭教師をする人材に必要だと思われる力と心がけ

家庭教師に必要とされるものとは何でしょうか。それは大きく言えば生徒の学力の向上です。学力の向上といっても、 学校での授業のフォロー程度のものから志望校に向けて大きく近づけるための徹底したものまで望まれるものはさまざまです。 その思いに応えられるような教育能力を持つ人材が求められます。人に何かを教えるということは、教えることに関して完全に理解し、 相手に合わせてアレンジすることが大切ですし、 相手に聞いてもらえるように興味を惹く話術ができなければなりません。人間としても尊敬してもらえるような心がけが必要です。 嫌々授業を受けても内容はなかなか頭には入りませんし、授業時間が苦痛であれば質問にも消極的になり、内容を流しがちになります。 相手に受け入れてもらえてようやく授業を積極的に聞いてもらえることになります。

これで教師の役割をこなせたように思われますが、本当の学力向上のためには自分でやる気を出して勉強に励むように導いてあげることこそが真の役割でしょう。 マンツーマンで授業して学んだことを身に付けるためには何度も繰り返して勉強するしかありません。 授業ではそこまでできないのが現状ですから、自ら学びを自分のものにする力をつけてあげるべきでしょう。 ここまでできてようやく教師としての役割を果たせていると言えるでしょう。簡単にできることではありませんが、 この役割を果たすべく努力する教師であることが重要なことなのです。